トレインアイコンバス降車ボタン禁断の押し放題!

カレンダーアイコン 投稿日: 作成者: ひろ 都道府県アイコン カテゴリー: 東京都 キーワードアイコン タグ: ,

バス降車ボタン禁断の押し放題

投稿者:書泉プレス窓口 大黒 瑞月さん

2013年11月30日(土)10時より、書泉ブックタワー9階イベントスペースにて、『【ほんをうえるプロジェクト】禁断の押し放題!「つぎとまります」バス降車ボタン展示会』を開催!同イベントは、バス降車ボタンの展示からバス・鉄道グッズの販売、いすみ鉄道社長・鳥塚亮さんのトークショー&サイン会まで、バス・鉄道関連企画が満載のイベントとなっております!

バスボタン展示

バス降車ボタン収集家・石田岳士さんの全面協力により、バス降車ボタンを、なんと “122点” 展示!ボードにずらっと並べられた降車ボタンは、見るだけでも圧巻!
イベントにお越しいただいたお客様には、展示してある全てのボタンを自由に押していただけます。普段やりたくてもできない、バス降車ボタンの“禁断の押し放題”を体験してみてください!

限定販売商品

イベントスペースでは、当日限定販売のバス部品をはじめ、バス関連書籍・DVDを多数販売いたします!
また、「いすみ鉄道」「小湊鐡道」「銚子電鉄」のキーホルダー・文具などの鉄道グッズも取り扱っております。バス・鉄道ファンの皆様、お見逃しなく!

鳥塚亮さん

2009年に行われた公募によっていすみ鉄道社長に採用され、ムーミン列車や訓練費自己負担の運転士募集などの営業努力で注目を集めている、鳥塚亮さんのトークショー&サイン会を開催いたします。当日は、イベントにちなんだバスに関するお話や、著者『ローカル線で地域を元気にする方法』についてもお話していただきます。さらに、鳥塚亮さんの著書『ローカル線で地域を元気にする方法』をお持ちいただいた方対象に、サイン会も開催いたします!

乗り物精密画

のりもの画家として数々の「乗り物精密画」を制作している栗原大輔さんをお招きし、ご本人の作品を展示販売いたします。 写真と見間違うほど精密でありながら、温かみのあるどこか懐かしい色彩の作品を、どうぞお楽しみください。
イベントスペースでは、栗原大輔さんが愛用している「ファーバーカステル社」の画材も販売! これをきっかけに、バスや電車の絵に挑戦してみてはいかがですか?

入場は無料となっておりますので、バス・鉄道ファンの方はもちろんお子様と一緒に、親子でもお楽しみいただけます。この機会に、お気軽にお立ち寄りください!

Webサイト 書泉
店舗 書泉ブックタワー 9階 イベントスペース
開催日 2013年11月30日(土)
こちらのイベントは終了しました。
時間 10:00 ~ 19:00
入場料 無料
住所 東京都千代田区神田佐久間町1-11-1
最寄駅 JR秋葉原駅
イベント内容
  1. バスボタン展示&禁断の押し放題
    • バスボタン収集家・石田岳士さんのバス降車ボタンコレクションを展示
    • ご自由にボタンの試し押しを体験していただけます。
    • バスボタン展示数122点
  2. バス・鉄道関連商品の販売
    • イベント会場限定販売商品(各種バス会社看板、バス看板、バス降車ボタン、バス車内テープ、バス車内看板)を含むバス部品の販売
    • 「いすみ鉄道」「小湊鐵道」「銚子電鉄」のグッズ(文具、キーホルダー、タオル、玩具、お菓子など)の販売
    • バスに関連する書籍・DVDなどの販売
  3. いすみ鉄道社長の鳥塚亮さんトークショー&サイン会
    • いすみ鉄道社長・鳥塚亮さんに、バスに関するお話や、著書『ローカル線で地域を元気にする方法』についてお話していただきます
    • 14時~15時予定
    • イベント会場にお越しいただいた方、どなたでも無料でご参加いただけます。
    • 対象商品を当日お買い上げの方、またはお持ちいただいた方に、鳥塚亮さんにサインを入れていただきます。
      ※サインをいれていただくのは、『ローカル線で地域を元気にする方法』をお持ちいただいた方のみとなります。
  4. 栗原大輔さんの乗り物精密画展示販売
    • のりもの画家として活動している、栗原大輔さんをお招きし、栗原大輔さんの「乗り物精密画」を展示・販売いたします。
    • 栗原大輔さんが愛用している「ファーバーカステル社」の画材商品を販売いたします。
東京都千代田区神田佐久間町1丁目11−1

おすすめグッズ(商品をクリックしますとアマゾンのページが開きます。)

ローカル線で地域を元気にする方法: いすみ鉄道公募社長の昭和流ビジネス論

著者/訳者:鳥塚亮

出版社:晶文社( 2013-07-02 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,620

単行本 ( 280 ページ )

ISBN-10 : 4794969074

ISBN-13 : 9784794969071



関連する投稿

バス降車ボタン禁断の押し放題! への1件のフィードバック

  1. ひろ のコメント:

    大黒瑞月さん、投稿ありがとうございます。

    バス降車ボタンってなぜか押したくなりますよね。
    自分が次降りるときに、先に越されて押されてしまったときの悔しさったら。
    この悔しさを払拭できる今回のイベントは、とても楽しそう。
    押しまくりたい!

    大黒瑞月さん、また遊びに来てください。

感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※承認制のため、即時には反映されません。

Spam Protection by WP-SpamFree